1. 小児科医を選ぶメリットとデメリットとは

小児科医を選ぶメリットとデメリットとは

小児科医の需要は増加傾向が続くでしょう


これから小児科医になろうかどうか考えている医師や、このまま小児科医として働くことに意義があるのかどうかを悩んでいる医師に対して言えることは、「小児科を選ぶメリットは十分にある」ということです。

小児科医を選択するメリットは、やはり今後の需要の高まりに十分期待できる点でしょう

少子化なのに、なぜ需要が増えるのか、ここに疑問を持つかもしれません。

まず第一に、少子化だからこそ、親が子を病院や診療所に連れて行く機会が増えると考えられています
それだけ大事に育てたいという親御さんの気持ちの表れですが、この傾向はすでに始まっており、ちょっとした怪我や体調不良でも小児科を受診する患者は増えてきているのです。

また、患者が増える要因の一つとして国や地方など行政の少子化対策も考えなければいけません
つまり、医療費助成の拡大や厚遇によって患者数が増えると予想され、少なくとも減ることはないために小児科医の需要も無くなることがないのです。

医療関係の転職市場動向などを見れば、医師募集案件は増え続ける一方であり、その中でも人手不足が深刻だと言われている小児科医の求人は非常に多い状況が続いています。
人手が足りないわけですから収入面でも優遇されることは多いですし、診療報酬の改定などを受け今後も優遇されることが期待されている点は無視できません。

しばらくはこの状態が継続し、あるいは小児科医に有利な制度も出てくると考えられるため、今から小児科医を選択しておけば、収入などより条件や待遇のいい病院または診療所で働くことがしやすくなるはずです。

ストレスやリスクが切り離せない小児科


小児科医の今後の需要は安泰です。
ニーズという点で見れば、それが先細ることもないでしょう。

ただし、デメリットもあります。
それは需要が高いことと表裏一体で、つまりは、人手不足がデメリットの一つとなることが否定できないのです。

人手が足りないということは、それだけ1人の医師に大きな負担がのしかかるということ
特に子供は急に体調が悪くなることも少なくなく、また不注意による突発的な怪我も多いため、その度に小児科医は対応しなければいけません。

人手が足りていれば交代制で対応できるものの、特に地方などではそうした対応も難しいので、どうしても体力的に厳しい状態が続くことが避けられないのです。

また、患者が子供ということもあり意思の疎通が難しい点も、ストレスになる可能性があるでしょう
加えて、モンスターペアレントと呼ばれるような患者の親御さんの相手もしばしば迫られる小児科医は、やはり精神的に決して楽ではありません。
何かあれば親御さんに訴えられるというリスクとも無縁ではいられないのが辛いところです。

労働環境の改善には課題も残っています。
子供を相手にするからにはどうしようもないこともあるものの、それ以外の勤務状況や親御さんへの対応などに関する労働環境は改善の余地があるでしょう。

こうしたデメリットと、需要や優遇といったメリットのバランスをどう考えるか、最終的にはこれによって判断することになるのではないでしょうか。